キャンプマナビス 冬キャンプ

キャンプ

2021.1.8、1泊2日で冬キャンプに行ってきました!

冬キャンプ初心者なので、前回の「ウェルキャンプ西丹沢」に引き続き…

電源サイトは必須!

そして選んだ場所は、館山

館山がある南房総は温暖な気候なので、冬でもなんとかいけるんじゃないか?

って事で、館山限定冬でも営業している電源つきサイト、を検索した所、「キャンプマナビス」がHITしました。

しかも2人で5000円というリーズナブルな価格だったので、今回のキャンプ場に決定!

「ウェルキャンプ西丹沢」についての記事はこちら→

とにかく綺麗、設備がすごい

チャックイン時間は13時で、家を10時に出発。平日だったので高速は空いている上に、高速を降りてからもみちに迷う事なくすんなり到着。

着いて車を降りた瞬間、気温の違いに気付きました。館山、あったかーい!

と言っても、この日は風が強かったので寒かったですけど…、風がなければ暖かいんだろうなぁって思いました。

2021.1月、日本列島は例年にないほどの大寒波が来ていたのですが、そんな気温とは思えません。館山選んで良かった〜。

ついてビックリ、設備がとても綺麗!受付の時に知ったのですが、源泉掛け流し露天風呂があって、なんと600円で15時から21時まで何回でも入り放題!しかも日曜日だけは朝(7時か7時半からだったかな?)も入浴できるそうなので、土日で行けば、夜も朝も温泉に入れます

センターハウス↓

1階は売店になっていて、ここで薪を2束購入。1束600円です。

オシャレなコテージと海!↓

私たちは森サイトの中の砂利サイトを選びました。サイトは23番。傾斜を利用したサイト設計になっており、ちょうど中腹あたりの場所でした。

この日は私たちより上(高い)に客がいなかったため、最上階で見下ろす優越感に浸ることができ、とても気持ちいい!

ちなみに私たちより上のサイト↓

砂利サイトは車を止めるスペースを自分で決められるため、自由なレイアウトを楽しめます。

電源は15A(アンペア)まで使用可能(これだけは前もって調査済み)!

車を止めてもファミリーテントとタープが張れる広さです。

ただ、砂利サイトはペグが打ちづらいため、砂利で使用できる硬いペグ(鍛造ペグ)じゃないと曲がってしまうので注意が必要です。

23番はトイレと水場が隣なのですごく楽です。トイレは室内にあり、靴を脱いで入ります。とても清潔で綺麗なトイレと、水場に電子レンジが置いてあることに驚きました。水道はお湯もでます。

yuriはキャンプ場で初めて電子レンジに出会いましたね。快適すぎるキャンプ場です。

聞いたらキャンプマナビスは2020.6月にオープンしたばかりとの事。通りで綺麗なわけです☺️

15時、テントも張ったところで小腹が空いたので、ヒレ肉を焼いて食べました。買い出しに行ったスーパーで、和牛ヒレ肉がなんと半額!赤ワインとお肉が最高です❣️

この日は風があったため、薪がガンガンに燃える燃える💦売店の薪が良く乾燥されていた事もあり、薪が大量に消費されていきます。

そしてお腹が落ち着いたところで、テントでお昼寝。

電気ストーブとホットカーペットでテント内は薄着で平気な程暖かく、それが気持ち良すぎてつい寝てしまいました。

起きたのは18時!センターハウス内にある温泉に入りにいきました。23番サイトはセンターハウスから少し離れたところにありますが、3、4分歩けば到着するので、苦にはならない距離です。

温泉もとても清潔で露天風呂が気持ちよかったー。

洗面台や更衣室も綺麗で、とてもキャンプ場とは思えないっ!

昼間に薪をだいぶ使っちゃったので、売店で薪を2束追加購入💧

夜は買い出しに行ったスーパー(館山内)で購入した殻付き牡蠣(2個で400円)を焼いたり、モツ鍋を楽しみました!

千葉のスーパーは魚介類が豊富でテンションが上がります❗️

カセットコンロでモツ鍋を作製。ですがこのカセットコンロ、室内用のため、風に弱い💧

なので、テントの前室で地味〜に煮込みます。

出来上がりはこんな感じ。yuriの適当さがニラのバラバラ感に滲み出ちゃってますね😭でも味はおいし〜い!

この日のために博多からお取り寄せした牛モツ。マジ旨し。寒い日はやはり鍋が最高です。

22時が就寝タイムなので、22時にはテントに籠もりました。

自作でテントにスカートを取り付けたのもあったのか、電気ストーブとホットカーペットでテント内は十分暖かく、朝まで薄着で過ごせました。

電気ストーブと、ホットカーペットなので石油ストーブや石油ヒーター、薪ストーブで生じる一酸化炭素の心配は一切ないのが楽ちん。

ただ、やっぱり薪ストーブは憧れます❗️

なので、来年あたりには挑戦したいですね〜。

スノーピークのヴォールトに自作でスカートをつけた記事はこちら→

翌日のチェックアウトは11時です。

テント内が暖かく居心地が良かったおかげ?で、8時に起床💦

キャンプの朝食は、大体マフィンかフレンチトースト。コーヒーを飲みながらマフィンを焼くこの時間がたまらなく好きです。

天気も良し、マフィンも美味い!最高の時間です。

11時にチェックアウトを済ませます。ゴミはキャンプ場で捨てることができます。

そしてキャンプの後は温泉❗️

館山は温泉施設がたくさんあるので、探すのに苦労しません。

今回お世話になった温泉は「里見の湯」です。

「里見の湯」は岩盤浴もできるようです。私達が温泉に到着したのが13時。館山観光をしていたらこんな時間になっちゃいました。お腹も空いているので、岩盤浴はせず、温泉のみ利用。いいお湯でした♨️

昼食は「漁師料理 たてやま」で頂くことに!

こちら、「里見の湯」から徒歩で5分かからないぐらいで行けます。

館山は港が近い事もあり、新鮮な魚貝類を食べさせてくれるお店がたくさんあります。

yuriは無類の貝好きなので、貝5種盛り丼を注文!そしてどうしても捨てがたかったアジフライも注文!

これはヤバイ!めちゃくちゃ美味しかったーーーっ❣️そしてアジフライも美味しかったーーーっ❣️

貝は新鮮さが命!甘くてホント美味しかったです!

まとめ

・「キャンプマナビス」は設備がとてつもなく綺麗。温泉もついているため、キャンプの途中でわざわざ車で温泉にいく必要がなく、心置きなくみんなでお酒が飲める。決まった時間内であれば、温泉に入り放題。売店は種類が豊富。水場に電子レンジがあるのでキャンプ初心者には有難い。店員さんがみんな感じが良く親切。

・館山は温泉施設が豊富。

・館山は新鮮な魚貝が食べられる&スーパーでも魚貝類がたくさん売っている。魚貝好きにはもってこい!

・館山は冬でも比較的温かいので、冬キャンプ初心者におすすめ。

今回お世話になった場所

・里見の湯

南総城山温泉 里見の湯 公式サイト
南総城山温泉 里見の湯 ホームページです。イベント情報や週変わりのお風呂情報などもりだくさん!

・漁師料理 たてやま

漁師料理たてやま | 地元漁港から新鮮魚介を直送、関東最大級のお食事処漁師料理たてやま
地元漁港から直送の新鮮な魚介が楽しめる房総最大級のお食事処「漁師料理たてやま」。普通車230台、大型バス18台の大型駐車場や南房総最大級の「おみやげ処」も魅力のひとつ。活きた貝を焼き放題、食べ放題の活貝焼きバイキングは個人のお客様は勿論、団体バスツアーのお客様にも大人気。

・yuriの使用しているテント

コメント

タイトルとURLをコピーしました