秋から冬にかけての登山服の選び方(超超基本 下着編)

登山

関東の山々は紅葉が丁度いいこの季節、登山に出かけよう、って考える方も多いと思います。ユニクロのヒートテック(なんなら極暖とかね)着て、スウェットと、まぁダウンジャケットがあればなんとかなるでしょ〜、って思ってる人、多いと思います。

いやいや、この服装、めっちゃ危険だし、楽しい登山のはずが、ただの苦行になってしまいます。実は数年前のyuriもそうでした。

今回は超超基本 下着編として、登山に適した下着をご紹介します。

絶対にこれだけはやってはいけない

単刀直入に言います。ユニクロのヒートテックやそれに似た類似品、または綿100%の肌着は絶対に下着として身につけてはいけません。本当に苦行になります。

決してユニクロのヒートテックやその類似品を非難している訳ではありません。登山には向いていないと言うだけであって、普段着として着るのはもちろん大丈夫です。yuriも冬場は下着やパジャマとして愛用させていただいてます。

登山をする中で、一番辛いのが汗冷えです。寒い時期の登山でも、動いていれば汗をかきます。動いている最中はいいのですが、休憩で止まった途端、急速に寒さが襲います。

上着を着ればいいでしょ?と思うかもしれませんが、ヒートテックや綿素材の下着は1度汗を吸ったら、その服を身につけている間は全くと言っていいほど乾きません。ずーっと冷たさや湿気が身体にまとわりつきます。なので、休憩中はどんなに上着を着ても身体が暖まることはないし、モコモコのダウンを着ても、寒さは軽減しますが不快感は残ります。

楽しいはずのお昼休憩が、身体をガタガタいわせながら全く楽しくない時間になってしまいます。

そして、寒いからと言って上着を着たままで、また登山を開始すると、今度は極端に暑くなります。

そしてまた汗をかき、下着がさらにビショビショになりさらに寒くなる、という悪循環。

yuriも昔、ヒートテックを着て、元旦に筑波山に行ったことがあるのですが、山頂でのお昼ご飯中に底冷えしてしまって、死ぬかと思いました。

秋から冬にかけてのお薦め下着

吸水性、速乾性、保温性に優れた下着が寒い時期の登山には向いています。夏であれば保温性はあまり気にしなくていいです。

汗を素早く吸収し、そして素早く乾かす事で、汗冷えを防ぐことができ、寒い時期であればそれにプラスして保温性のあるものがいいです。

速乾性のポリエステル、保温性のメリノウールが混じったものがお薦めです。

yuriのお薦め下着↓

 

yuriは極端に汗っかきなので、速乾性に優れたミレーの”ドライナミックメッシュ”素材の下着もよく着ています。これの上に、メリノウールの薄手の長袖シャツを着るとちょうどいい仕上がります。

 
 
モンベル | オンラインショップ
アウトドア総合ブランド・モンベルの公式オンラインショップ。登山・キャンプ用品を中心に、カヌー・カヤック、自転車、スノーシューなど、高機能・高性能なアウトドアウエア&ギアの通信販売を行っています。

女性に注意してほしいこと

男性と違って、女性はブラジャーをしなければなりません。このブラジャーも普通のブラジャーではさっきも言ったように、汗を吸収したら2度と乾かないので、おっぱいがめちゃめちゃ寒くなるのと、ずーっと湿っていて、ものすごく不快です。

おっぱいを大きく見せようとして、分厚いパッド入りのブラジャーをすると、寒さと不快感に加えて、ものすごく重たくなります。途中で捨ててしまいたいっ!って思うぐらいの、不快以外の何者でもなくなってしまうので、ブラジャーはランニング用のものや、登山用のものを着用する事をお薦めします。

モンベル | オンラインショップ
アウトドア総合ブランド・モンベルの公式オンラインショップ。登山・キャンプ用品を中心に、カヌー・カヤック、自転車、スノーシューなど、高機能・高性能なアウトドアウエア&ギアの通信販売を行っています。

と言う事で、今回は下着だけの話だけになってしまいましたが、正直、私の中で下着は1番重要なポイントだと思っています。次回は下着以外のお話をしたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました