雲取山 1泊2日

登山

雲取山は東京都で一番高い山で、標高2017mです。この標高にちなんで、記念すべき2017年に雲取山に行ったので、その回想録です。

1日目 三峰神社から雲取山荘へ

山と高原地図より

雲取山は行程にもよりますが、8時間ぐらいの行程なので、日帰りも可能です。ですが、電車だとどうしても遅めの時間からのスタートになってしまうので、どこかで1泊した方が安全です。

今回選んだルートは三峰神社から雲取山を目指すコースです。西武秩父駅からバスで三峰神社まで行きます。西武秩父駅から三峰神社まではバスで1時間15分かかります。

西武秩父駅から三峰神社行きのバス時刻表はこちら

8時半に西武秩父駅に集合。

駅構内のお店は開店しているので、食料を調達することができます。

バスに乗ること1時間以上。10時半に三峰神社に到着です。

うーん、そして、雨☔️ 天気予報で、前日から天気が悪いのは知っていたので、想定範囲内です。

雨でも頑張る人たちの紹介!

ポチャヒロ、ハーレム状態👯‍♀️ 登山開始!

幻想的な景色をひたすら歩きます。小雨だったり、雨が少しあったりと、常にウェットな気候です。

12時半、登山開始後2時間で”霧藻ヶ峰休憩所”に到着。お腹も空いたのでここで各々用意してきたお昼ご飯を食べます。雨が降っている中、屋根のある休憩所はありがたいです。

ここでゆっくり休憩し、先に進みます。

雨なのもあって、苔が綺麗です。

ひたすら霧の中を歩きます。

霧の中を歩き続け、16時過ぎに本日の宿である雲取山荘に到着!

雲取山荘とK2。

山荘に着いて、早々に清拭と着替えを済ませ(着てた服、絞れるぐらいビチョビチョ)、さっぱりしたところでお部屋で乾杯!

お部屋はすごく綺麗です。18時の夕食までビールを飲んでちょっとゆっくりします。

18時、やっと夕食ー。

夕食はハンバーグでした。身体動かした後のご飯はめちゃくちゃ美味しい!雲取山荘の夜ご飯は美味しかったです!

8時半就寝。

5人が同じ部屋で寝るので、お部屋はこんなレイアウト。

女子4人が一列に並び、その足元に…

1人横たわるポチャヒロ。

その場所、よく見たら広くていいな。

この日、夜中に起きて外に出たら、すごい星空でした!

翌日は晴れの予報だったのですが、まさか夜中にこんな星空が見えるとは!感動でした。

2日目 雲取山荘から雲取山山頂へ

翌日は雲取山山頂でご来光を見るため、朝4時に雲取山荘を出発しました。

日の出前なので真っ暗ですが、出発です。

少しずつ明るくなってきました。

4時半に雲取山山頂に到着!富士山がよく見えます。そして、2017年記念の記念碑?が建ってました。

日の出まで後20分、くだらない事をして時間を潰します。2017年記念。

”2”って難しいのね。

4時50分!いよいよ日の出です。

綺麗です。ずっと見てられるわ。晴れてくれてありがとう!

朝日をバックに身長順に並んで1枚。

ちびっこ3人集(身長150cm前後)。

登る朝日を見ながら、雲取山荘で準備していただいた朝ごはんのお弁当を食べます。

お弁当食べながら、真剣にご来光を見る女子。

山頂でゆっくりした後、5時過ぎ、下山開始です。

2日目 雲取山頂から東日原バス停へ

今日の行程。表記時間は雲取山荘からのコースタイムです。休憩時間は含まれていません。

雲取山山頂から七ツ石山に続く道は眺めがよく、富士山と雲海を横目に見ながら歩きます。

後ろを振り返ると、雲取山頂避難小屋が見えます。

気持ちの良い開けた道を下ります。

早朝という事で、東からの木漏れ日がすごく綺麗でした。まさに木漏れ日シャワー。この中を歩いているだけで、パワーをもらえる気がします。

これに至っては、もはやスポットライト。

木漏れ日に包まれながら、6時半に七ツ石山に到着

ここから鷹ノ巣山を目指します。

鷹ノ巣山への道中も富士山や雲海が綺麗に見えます。

そして8時半に鷹ノ巣山に到着。

ここで、下山口について会議をします。当初から鷹ノ巣山までは行くつもりだったのですが、鷹ノ巣山からその先は鷹ノ巣山についてから決める予定にしていました。

①鷹ノ巣山から東日原に下山する2時間コース②6ツ石山まで行って奥多摩湖に下山する3時間コース③奥多摩駅に下山する4時間コース

満場一致で、①の東日原に下山するコースに決まり!

という事で、稲村岩尾根を使い、東日原バス停まで歩きます。注意!2020.10月現在、稲村岩尾根は2019年の台風の影響により通過できません。

木々の中をくぐり抜けながら、奥多摩らしい登山道をヒタ歩きます。

東日原からのバスは1、2時間に1本しか走ってません。バスの時間を調べながら下山していると、なんとバスの時間が迫っているではないか!このバスに乗れないと、次に来るのは2時間後。なので、みんなで出来る限り急ぎ目に歩きます。

うーん、相当ギリ!県道に出た瞬間、みんなでダッシュ!そしてバスがyuriたちの横を通り過ぎて行きましたが、先にバス停に着いていたポチャヒロが、運転手さんにちょっとだけ待ってもらえるようお願いしてくれ、なんとか全員バスに乗ることができました。

11時半に奥多摩駅に到着です。後半戦はかなり急ぎ足でしたが、奥多摩駅についてようやくホッと一息です。

この後は、日帰り温泉の「もえぎの湯」に歩いて行く予定だったのですが、月曜日は定休日だったため、予定を変更し、河辺駅のすぐそばにある「梅の湯」で汗を流しました。気持ちよかったー!

奥多摩温泉 もえぎの湯 - もえぎの湯は奥多摩の地下深く日本最古の地層といわれる古生層より湧き出る奥多摩温泉の源泉100%の温泉でJR奥多摩駅より徒歩10分の好立地にあります。登山や行楽の帰りに是非お立ち寄りください。
もえぎの湯は奥多摩の地下深く日本最古の地層といわれる古生層より湧き出る奥多摩温泉の源泉100%の温泉でJR奥多摩駅より徒歩10分の好立地にあります。登山や行楽の帰りに是非お立ち寄りください。

奥多摩駅から河辺駅までは14駅(所要時間45分)です。

1泊2日の山行、みんなお疲れ様でした!後半、みんなを走らせてしまって、申し訳ありませんでした🙇‍♀️

コメント

タイトルとURLをコピーしました