汗っかき・暑がり女性必見!春・秋登山のレイヤリング術 その①

登山

よく、ネットで”登山の服装”って検索すると、「レイヤリング」が重要!って書かれてると思います。

さらに、”春・秋のレイアリング”で調べると、保温性の高い素材でのレイアリングが紹介されています。

例えば、

ベースレイヤー(下着)には速乾性に優れ、ウールを含んだ保温性のある素材。

ミドルレイヤー(中間着)にはフリース、ネルシャツ等の保温性に優れた素材。

アウターレイヤー(風や雨から守ってくれるトップス)は雨、雪から守ってくれるGore-Tex素材、あるいは防風機能のある素材。

これを真似するとですね…。

すぐに汗をかくyuriには、暑すぎるーーっ!!のですよ。

ミドルレイヤーは行動中は着ません

そう、よくネットで調べると出てくるミドルレイヤーってやつ、暑がりyuriは行動中には着ません

こうゆうやつ↓

【モンベル】シャミースジャケット Women's
薄手ながら暖かく、心地よい肌触りのシャミース™を使用したジャケットです。適度にゆとりがあるシルエットで、アウターとしても中間着としても着用できます。身幅が広いゆったりとしたサイズも展開しています。

このようなフリース素材はミドルレイヤーとして春・秋は紹介されていますが、

これ着て歩いてると、ほんっと、暑いのよーっ!

途中で脱ごうにも、脱いだら下着だし、男性や若い女性ならいいけど、流石に40歳すぎて、ピッチピチの下着で歩く訳にはいきません。

ネルシャツはyuriの中ではいいと思うのですが、着たい、って思うデザインのネルシャツに出会ったことがないので評価はできません。

なんでしょうね、登山用のネルシャツって肩幅がピシッてなってる感じ(語彙力がなくてすみません)と、チェック柄が多くて、丸顔のyuriが着ると、異様に老け込むというか、父親に似すぎて(yuriは父親似)、ちょっと苦手です。

”行動着”としての考え方

レイヤリング、いわゆる”重ね着”は登山においてとても大切な事です。

だけど、下着の上に、フリースって、暑すぎて苦痛すぎる〜。

ここでは汗っかき、厚着が嫌いなyuriが行動中に来ている服装を紹介します。

行動着とは、その名の通り行動中に着る服です。フリースは着たくないし、かといって下着じゃ歩けないし…。

そこで、私が見つけた行動着がこちらです↓

モンベルのメリノウールプラスシリーズ。

モンベル | オンラインショップ | 天然素材

その中でもyuriのお薦めはこちらです。↓

薄すぎず、暑すぎずちょうどいい。

【モンベル】メリノウールプラスアクション ジップネック Women's
ウールの保温性と優れた速乾性を備えたメリノウールプラス™を使用したジップシャツです。冬季のインナーとして、夏季の高所登山や涼しい季節のトレッキングでは、1枚で行動着として活躍します。ご家庭で簡単に洗濯できます。

薄手で暑苦しくなく、吸水性速乾性に優れ、メリノウール素材のため保温性もあるという優れもの。冬には下着として使用できます。

こういうデザインだと、下着として着ていても、これ1枚でも人前に立てるので気に入っています。

春・秋だと、yuriはこれを中間着として、下着の上に着て行動します。暑かったらジップをおろせば涼しくなるし、寒い時にはこの上にフリースを着ます。

簡単に言うと”下着を2枚着る”感覚です。

なかなか、このような薄手で、外側に着て恥ずかしくない服ってあまりないのでお薦めです。

こんな感じです。2020.11月現在、身長163cm、体重 58kgのyuriがLサイズを着るとこうなります。

休憩中は流石に寒いので、yuriは休憩が始まるとすぐにフリースを羽織ります。汗をかいて服が濡れていても、フリースの上着を羽織ると汗びえはありません。

フリースについては後日お話しさせていただきますが、フリースは透湿性保温性に優れており、汗をかいた状態で着ても、汗を外に発散してくれるので蒸れないし、保温効果もあるので身体が冷えることがありません。

えーっと、ここでお話ししているフリースとは、ユニクロのフリースの事ではありません。ユニクロのフリースと、登山用のフリースは素材が全く違います。

下着は吸水性と速乾性に特価しているものがお薦め

でも下着2枚着るって、着膨れして太って見えちゃいます。春・秋の下着というと、少し厚手のウールの混じった下着がメインです。

しかし、汗っかき・暑がりさんなら夏用の下着で十分です。下着(メリノウールプラスシリーズ)の下に着る下着なので、速乾性に優れていれば十分だと思います。

ところで、

さっきから、下着2枚、っていってますけど、女性はブラジャーをしなくてはいけないので、実際のところは3枚の下着を着ける事になります。

うーん、面倒臭い。

ブラジャーがいらない下着がお薦め

ブラジャーって、日帰りで登山をする分には気にはならないのですが、泊まりで登山をするとなると、途端に面倒なものに思えてしまうyuriです。

荷物にもなるし、着替えは面倒くさいし、いくら高性能な肌着を着ていても、ブラの性能が悪い(吸水性、速乾性がないなど)と、全てが台無しです。

ブラジャーも登山用の高機能なものを着用するか、登山用のカップ付き下着がお薦めです。

モンベルのメリノウールプラスシリーズに併せるならこの下着がお薦めです。

ミレーのドライナミックメッシュ素材の下着です。

カップがついてるので、わずらわしさから解放されるし、カップ部分の速乾性が高いため、おっぱいの冷えもなくなります。

そして着膨れと重ね着の窮屈感からも解放されます。

汗っかき・暑がりさんはぜひ参考にしてみてください!

以上、yuriの行動着について書きましたが、絶対にやってはいけない下着選びさえ心得ていれば、下着は速乾性のあるもの、保温性のあるもの等、お好みでいいと思います。

絶対にやってはいけない下着選びはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました